top of page
  • 執筆者の写真自分塾 室長 北岸

台東区 区立中学校選択について②

更新日:2021年8月4日

先日、今年度の台東区立中学校案内(令和4年 新入学用)が公表されました。

夏休み明けにも各家庭に小学校を通じて配られる予定のようですが、台東区のHPですでに公開されているため、気になる方はご覧になってはいかがでしょうか。


さて、コロナウィルスの影響を考えると、9月における学校公開や説明会においても変更が考えられます。コロナウィルスへの対応も学校によって異なるでしょうし、あらかじめ冊子を通じて必要な情報を整理しておくのが望ましいかと思います。


前回、ご紹介したのは、各学校によって評定の分布に大きな差があるということです。模試で偏差値60以上をとる生徒さんでも、評定では3や4が並ぶことも大いにあります。またテストで90点近くとる生徒さんでもやはり5が取れないということもあります。いずれも学校によって観点別評価の基準点や重みづけが異なることが原因かと思われます。また、生徒層の違いも関係があるでしょう。


今回はそれ以外で注目すべきポイントをいくつか紹介しておきたいと思います。

①進学実績

②部活動実績

③校則

④校庭、体育館など運動施設

⑤空調、換気設備


①進学実績について

これは公表している学校と公表していない学校があります。

忍岡中学校さんと駒形中学校さんは公表しているため、一度ご覧になってみてください。

学校説明会などで質問可能な場合は聞いてみるのもよいかもしれません。


②部活動実績

これはどこの中学校さんも公表しています。どの部活に力をいれているか、どういった部活が活発でどういった部活が活動的でないのかが比較的わかりやすいのではないでしょうか。入部したい部活が決まっているお子さんの場合は、部活動もしっかりと確認しておくとよいかもしれません。特に担任の先生などが異動になることをきっかけに変化があったりするので説明会や体験会がある際は是非チェックしてみてください。


③校則

校則の厳しい学校で有名な忍岡中学をはじめ、中学校では学校毎に様々な規則があります。ただし、価値観の変化や時代の要請に応じて、急速に変化しています。コロナの影響を受けて登校時間や服装、カバンなどの多くの規則が変化していますので、これも是非チェックしておいてください。


④校庭、体育館など運動施設

台東区の学校は基本的に面積が小さく、校庭が狭いように感じます。校庭が広い駒形中学や、陸上用の長い校庭の柏葉中学、線路に面した校庭で活動にやや制限のある忍岡中学など学校によって大きな差がありますので、これも希望の部活動がある場合はチェックしてみてください。


⑤空調、換気施設

小中学校の教室における空調設備状況は東京都台東区は100%の設置率になりました。他県に比べると恵まれた環境にあるかと思います。ただし、特別教室や体育館などの空調は完全ではないとため、学校によって差があります。コロナの影響もあって換気能力や換気をしているかどうかなども気になる方が多いかと思いますので、これらもチェック項目にいれてみてはいかがでしょうか





0件のコメント

Comments


bottom of page